03-3732-78719:00~17:00(土・日・祝日を除く)
03-3732-78719:00~17:00(土・日・祝日を除く)
Myページ見積書お気に入りカート

ストレッチフィルム通販ならジャンブレ!

ストレッチフィルム激安通販 最安で1本427円(300m換算)

最安値で1本単価427円(300m換算)の激安価格と約30種類に及ぶ豊富なラインアップ!
ストレッチフィルム(梱包ラップ)のことならお任せください。 トップシェアを誇る最大手メーカーの優良ブランド品を業界随一の格安超特価で販売中です。

 

 

格安ストレッチフィルム ボリューム単価最安値品とストレッチフィルムのベストセラー!

《長さ当たり最安》ストレッチフィルム[ナノシックス] 6ミクロン(幅500mm×1000m)手巻用 6巻入

1~4ケース 8,870円(1本300m換算443.5円)

5ケース以上 8,532円(1本300m換算426.6円)

ストレッチフィルム6μ 300m換算で最安値1本427円から

《オススメ》ストレッチフィルム[テリートシリーズ《Aテリート》] 8ミクロン(幅500mm×600m)手巻用 6巻入

1~4ケース  5,638円(1本300m換算470円)

5~9ケース  5,443円(1本300m換算453.6円)

10ケース以上 5,242円(1本300m換算436.8円)

ストレッチフィルム8μ 300m換算で最安値1本437円から

 

人気No.1は《8ミクロン》!

  • 《15ミクロンとほぼ同じ重さ》だから使いやすい!
  • 技術革新による7層もの重層構造が生み出した《15ミクロンと同等の強度》!

15ミクロン(500mm×300m)と比べて、1/2の厚さを2倍巻。だから見た目の厚さも重さもほとんど変わらないのが8ミクロンのメリット。作業員の方が違和感なく切り替えてご使用いただけます。

ゴミ袋の強度アップなどにも使われるメタロセンLLDPEを7層中3層に重ね、更に特殊配合の原料を折り重ねて圧縮。従来からの15ミクロンに匹敵する突き刺し強度を実現しました。
物流梱包にとって一番のリスクである、揺れや衝撃で段ボール/貨物の角が飛びだし、フィルムを破ってしまう事故を防ぎます。
世界で3本の指に入るトップシェアメーカー・Scientexだから出来る最先端技術であり、中国工場などからの輸入品では品質管理の面に於いて真似のできない製品となっております。

 

ストレッチフィルム一覧表【10μ未満】

<共通>紙管内径:76mm(3インチ)、ケース入数(巻):6巻入

 

ストレッチフィルムの歴史は薄肉化の歴史です。というのも、再利用が出来ず使用後ただちに廃棄される梱包資材ですので、エコロジーと省エネ・省コスト化が常に求められ、【少しでも薄く少量で、かつ梱包性能は今までと同じもの】が求められています。

約20年前はストレッチフィルムといえば18ミクロンでした。それが2006~2010年頃にはより薄くて安い15ミクロンに置き換わりが進み、新しい主流となりました。
ですがそこから各メーカーの技術革新はさらにスピードアップし、14μ、12、10と次々に薄型化。
2018年現在の市場における最薄・最安値は《6ミクロン》、また、当社では《8ミクロン》が一番人気になっております。

 

ストレッチフィルム一覧表【10μ・12μ・15μ・17μ・18μ・20μ・25μ】

15μ・18μの定番はもちろん、10μから12μ、17μ、20μ、25μまでサイズや厚さのバリエーションが豊富なストレッチフィルム。現在の主なストレッチフィルムに於いて、LLDPEを基材とした安心・信頼のおける汎用性の高いストレッチフィルムで、豊富なミクロン数(厚み)が存在し、用途に合わせてお選び頂けます。

<共通>紙管内径:76mm(3インチ)、ケース入数(巻):6巻入

 

各サイズの特徴、おすすめ用途

  • 10μ・12μ:新型LLDPEメタロセンの配合により強度アップ。2倍以上の長さに引き伸ばした場合、15μ以上の物性値を誇ります。
  • 15μ・17μ・18μ:従来のスタンダード。倉庫での長期保管、隣国への輸出入を含む長距離輸送等におすすめしております。
  • 20μ・25μ:熱帯地域や赤道を超える長距離輸出入、寒暖差の激しい倉庫など厳しい温度差・環境での保管や輸送用に。

ストレッチフィルム【2.5インチ紙管】

紙管内径を2.5インチ(63.5mm)に細くすることで1巻をスリムにし、通常規格より入り数を2本増やした増量タイプ(1ケース8巻入)シリーズです。同じ輸送費用でたくさん運べるから1本単価もコストダウンに成功、低価格で保管場所にも悩まないお買い得な製品です。

<共通>紙管内径:63.5mm(2.5インチ)(※通常のハンドラッパーはサイズが合わず使用できませんのでご注意ください)、ケース入数(巻):8巻入

ストレッチフィルム【ノンコア】

現場で出るゴミを減らし、作業効率アップ。地球環境にも配慮したエコな「紙管無し」タイプです。固い紙管の代わりに、製品を包んでいる厚紙(ライナー紙)をくるくる丸めてフィルムの中に差し込んでいただき、紙管代わりとしていただきます。後は普通のストレッチフィルムと同様にご利用いただけます。

紙管内径:76mm(3インチ)(※ハンドラッパーは専用品のみご利用頂けます)

 

カラーストレッチフィルム・ミニストレッチフィルム

オフィスの梱包やゴミ出しで使える小ぶりなミニタイプ、目隠しに使えるカラータイプなど、様々なバリエーションのストレッチフィルムも取り扱っております。


  • カラーストレッチフィルム:イメージの反映や目隠し用に最適なカラーストレッチフィルム。従来の透明/半透明のストレッチフィルムと違い、赤や青の着色を施したモデルです。送付先や荷物種類ごとの梱包別マーキングとした活用をはじめ、盗難防止等の目隠し([黒]は数回巻くと見えなくなる)としてもご利用頂けます。
  • ミニ・ストレッチフィルム:ちょっとした包装や仮梱包等に重宝するミニストレッチフィルム。幅50mm/75mm/100mmとしたテープ感覚で使える小振りなモデルです。業務用途をはじめ、オフィスやご家庭に於ける荷物整理や不要品の取りまとめの際のパッキング等にも活用頂けます。

 

ストレッチフィルムホルダー(ハンドラッパー)・梱包用カッター

現場の作業効率化に欠かせないツールを併せてご紹介します。フィルムを引き出しやすく、手も傷めないストレッチフィルムホルダーや現場での開梱・カット作業を安全に行える梱包作業専用カッター。職場の安全性と能率を向上させるお助けグッズです。

 

ストレッチフィルムとは・ストレッチフィルムの用途

【ストレッチフィルムとは】

輸送中・保管中の荷崩れ防止・防水・防塵・汚れ防止や盗難防止に使用する梱包用フィルムのことです。対象をフィルムで巻くだけで梱包出来るのでテープや接着剤を必要とせず、荷の包装を素早く確実に行う物流現場には欠かせない梱包フィルムです。自己粘着性(フィルム同士がくっつく)があり透明で、一見すると家庭用の食品ラップと同じように見えます。

司化成工業 ストレッチフィルム使用シーン例・ラップのように伸びるので荷物の角に当てながら引っ張って巻いていきます。

【ストレッチフィルムの用途】

《荷崩れ防止》フィルムが2倍以上に伸びる強靭な伸び弾性と破裂抵抗力により、輸送中の急ブレーキといった振動・衝撃に強く、積載物のずれ、落下といった荷崩れを防止します。

《防水・防塵・汚れ防止》フィルム同士がしっかりくっつき、水や埃、塵から荷物を守ります。透明度も高く視認性が高いので、積載物が汚れていないかチェックが可能です。
また、抜き取り防止の目隠し用カラータイプがあるほか、荷物を完全に包むことで開梱を防ぎます。スーツケースの防犯保護用に利用している空港もあります。

《作業の効率化・安全性向上》取り回しに優れ、糊や紐を使わずに面で荷物をカバーできるストレッチフィルムは作業がスピーディで、高い安全性をもたらします。

【食品ラップと梱包ラップ(ストレッチフィルム)の違い】
食品ラップと梱包ラップの違いは原料にあります。家庭用ラップが主に塩ビ(PVDC(ポリ塩化ビニリデン)やPVC(ポリ塩化ビニル))を原料とするのに対し、ストレッチフィルムは主にポリエチレン樹脂(LLDPE(直鎖状低密度ポリエチレン))を原料としています。


【LLDPE(Linear Low Density Polyethylene)の特性】
LLDPE(直鎖状低密度ポリエチレン)は、一定の伸縮性を保ちながらも引裂き強度等といった剛性も高く、シール性や耐熱性、耐薬品性といった耐性にも優れた上に無毒といった総合特性の高さから、プラスチックフィルムの分野にて幅広く活用されています。尚、耐候性は低いので、屋外での長期に渡る使用・保管には注意が必要です。

 

関連商品(気泡緩衝材)特集のご案内

 

税込み5,400円以上お買い求めの場合、
送料無料

※沖縄・離島、一部大型商品は除きます。
詳しくはこちら
ジャンブレお客様センター
お電話/FAXによるお問い合わせ
TEL 03-3732-787103-3732-7871
FAX 03-3732-146203-3732-1462
9:00~17:00(土・日・祝日を除く)
メールによるお問い合わせ
info@jamble.co.jp(お問い合わせ専用)
チャットによるお問い合わせ
チャット利用ガイド
AM9:00~12:00 PM1:00~5:00(土・日・祝日を除く)
フォームによるお問い合わせ