チェック用ダミー / 電話注文ができる通販ジャンブレ

作業着・事務服・衛生資材・日用品・オフィス用品・作業用商品の総合通販
03-3732-78719:00~17:00(土・日・祝日を除く)
ホーム検索カートTEL03-3732-7871
平日9:00~17:00
キーワード検索

検索

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品ステータスで絞る







販売価格(税抜き)で絞る
 円から
 円まで

チェック用ダミー / 電話注文ができる通販ジャンブレ

【ストレッチフィルム】梱包材として物流現場の必需品

ストレッチフィルム

梱包包装材「ストレッチフィルム」の特徴

ストレッチフィルムは、ポリエチレン樹脂やメタロセンなどを原料として作られる梱包用・パレット包装用のフィルムです。静電気でフィルム同士がくっつくため、粘着テープや糊、接着剤が不要で素早く梱包できます。伸縮性が高く、テンションをかけながら1巻を2倍から3倍に引き伸ばして使えます。何度も重ねて巻いて強度をアップしたり、ずらして広げながら巻くことで大きな面積の雨、ホコリ除けカバーにすることもできます。透明度の高いフィルムで中身が見えますが、中身を見せたくない梱包用に黒色、赤色などの着色ストレッチフィルムもあります。厚み、幅、紙巻のあるなしなど、様々な種類から用途にあわせてお選び頂くことで、自由な使い方ができる包装材です。

ストレッチフィルムと食品用ラップやポリエチレンフィルムとの違い

ストレッチフィルムとよく似た見た目や用途の製品に、食品用のラップや建築工事で使うポリエチレンフィルム(ポリシート)などがあります。ストレッチフィルムを「梱包用ラップ」「包装用ラップ」と呼ぶ事もあり、とても似ているように思います。しかし実は、材質や特性の点で、これらのフィルムはそれぞれに大きな違いがあります。

ストレッチフィルムと食品用ラップの違いは材質

ストレッチフィルムと食品用ラップの一番の違いは材質(素材)です。
ストレッチフィルムの原料は、主に薄い低密度ポリエチレン(LLDPE)です。LLDPEは衝撃に強く防水性も高い反面、耐熱性は80℃~90℃と低く、また空気や臭いは通してしまいます。臭いを含めた密封性や、電子レンジでの調理、冷凍庫での保存といった温度変化への対応(耐候性)が求められる、食品のラッピング保存には向きません。
食品用ラップ/家庭用ラップの材質はPVDC(ポリ塩化ビニリデン)といい、耐候性・耐熱性のある材質です。空気を通さないので、酸化を防いだり臭い移りを防ぐことができ、また電子レンジでの使用にたえる140℃前後までの耐熱性も併せ持ちます。
バリア性においてはPVDC製の食品用ラップが優れていますが、その分製品コストも多く掛かるため、包装用としてはコストパフォーマンスに優れたストレッチフィルムが多く用いられています。

ストレッチフィルムとポリエチレンフィルムの違いは自己粘着性と厚み

ポリエチレンフィルムとストレッチフィルムは、どちらも低密度ポリエチレンを主原料としています。細かく言えばポリエチレンフィルムはLDPE、ストレッチフィルムはLLDPE(リニア低密度ポリエチレン)と呼ばれ、ストレッチフィルムの方がより強度が高い素材になりますが、広い意味ではストレッチフィルムもポリエチレンフィルムの一種、ということが出来ます。
両者の大きな違いは「自己粘着性」と呼ばれるフィルム同士のくっつき具合です。ストレッチフィルムは梱包材なので、フィルム同士が接合することでしっかりと形を整え、荷崩れを防止し、荷運びを安定させる必要があります。重ねて巻くことが一般的なので、厚みも6ミクロン(0.006ミリ)~15ミクロン(0.015ミリ)と極薄で価格を抑えています。
一方、ポリエチレンフィルムは床下や屋根の防水、湿気止めといった土木工事に多用されており、フィルム同士はくっつきません。また、上を歩いたり屋外現場でのカバーに使うなど耐久性が求められるため、厚さも10ミクロン(0.01ミリ)~100ミクロン(0.1ミリ)とストレッチフィルムに比べてかなり分厚くなっています。また、農業で畑のカバーなどに使う「農ポリ」もポリエチレンフィルムの一種で、こちらは厚み以外に、紫外線などの耐候性も強化されています。

ストレッチフィルムの主な用途・使用例

ストレッチフィルムは倉庫や工場を中心に、主に次のような用途に使われています。

パレットに積んだ荷物の荷崩れ防止包装として

ストレッチフィルムのもっとも代表的な使い方は、パレットに積んだ段ボールケースなどの荷物が崩れないよう、荷崩れ防止として巻き付ける梱包用途です。パレットバンドやゴムバンド、袋カバーなどをかぶせる方法もありますが、輸出や客先出荷などで自分の手を離れるワンウェイ輸送の場合、バンドやカバーはリユースできないので梱包費用が高くなります。ストレッチフィルムはコストも安く、再利用のための回収も不要で、梱包サイズも自由に調整できるのがメリットです。

サイズ違いの箱をフォークリフト等で運ぶ際の安定性・安全向上に

不揃いなサイズの箱や荷物もストレッチフィルムを巻くことで、崩れにくく安定性の高い梱包形状にすることができます。フォークリフトでの運搬や台車、カーゴに載せて移送する際の荷崩れ、事故などを防ぐために活躍します。自己粘着で形を固定しやすいので、バラけやすい荷物や、複雑な形状の製品も安定させやすいのがメリットです。

長期保存時の防塵・防水・防汚用カバーとして

倉庫や社内で長期に渡って商品や物品を置いておく際、ゴミやホコリ、害虫の侵入などを防ぐためのカバーとしても使われます。対象の製品全体を覆うことで様々な汚れから中身を守ります。また、収納する絵画の前面保護や、シーズンオフの扇風機ファン部分カバーといった長期保管の用途でも活躍します。

輸送・保管時の盗難防止に

全体を包装カバーすることで、抜き取りなどの盗難を防止すると共に、万一発生した場合に外部からすぐ分かるようになります。また、着色されたカラーストレッチフィルムを重ね巻きすると目隠しとなり内容物が見えなくなるため、より盗難を予防する効果が期待出来ます。

塗装用のマスキング(養生)

防水性を活かして、マスキングテープでは保護しきれない広い面の養生作業(塗装保護)にも使用されます。建築塗装ではポリエチレンフィルムやマスカーテープが使われますが、製品や金属パーツの一部などを保護する場合、粘着性のあるストレッチフィルムはテープが無くても貼れるので活躍します。

廃棄物の結束・不用品のまとめ

オフィスでの古紙回収、新聞紙の結束、空き瓶の整理まとめなど廃棄物やリサイクル用品の結束にも使われます。ビニールひものように結ぶ手間がかからず、突き刺しや重量にも強いことを活かしてパッキング・取りまとめに重宝します。ゴミ・不用品は大きさも不揃いで細かいものも多いため、ストレッチフィルムの強みが活かせます。
廃物結束には、ハンドルのついた「ミニタイプ」のストレッチフィルムがよく利用されます。

コード結束・傘など長物の結束保管に

スキー板、傘、ポールなど長物の結束におすすめです。紐と違い面で巻き付けるので固定しやすいメリットがあります。また、配線コードの結束などにもご使用いただけます。

ストレッチフィルムの巻き方・使い方説明

ストレッチフィルムは上手に巻かないと、巻きがゆるくなり、中の荷物がずれてしまう事もあります。
使い慣れない方の為に、パレットに積み上げた荷物を固定する場合の巻き方をこちらでご紹介します。

(1)巻き始めを固定する
まずはストレッチフィルムの端を引き出して、巻き始めるポイントに固定します。 フィルムの先を丸めて下の方の荷物と荷物の間に挟み込んで固定します。
ストレッチフィルムの巻き方画像1
(2)フィルムを巻き付ける
フィルムを下から上まで巻き付けていきます。
一周目は巻き始めが外れない様にゆっくり巻いてください。
巻き始めを覆う様に巻き付け、二周目以上は荷物に押し付ける様に引っ張りながら巻き付けます。
隙間が無い様にフィルムを重ねながら、角で引っ張って巻き付けていくのがポイントです。
ストレッチフィルムの巻き方画像2ストレッチフィルムの巻き方画像3
(3)荷物の角等を利用してラップを切る
上まで巻き付けたら、荷物の角等を利用してフィルムを切ります。切りにくい場合はカッター等を利用しましょう。最後に剥がれない様にフィルムを貼り付けます。
ストレッチフィルムの巻き方画像4
【まとめ】巻き方を動画で確認する
ストレッチフィルムの巻き方を動画でもご確認いただけます。下記をご覧ください。

ストレッチフィルムの代表的なメーカー

ストレッチフィルムは世界大手6社のうち4社が北米、1社がアイルランド、そして1社がマレーシアという海外生産中心の製品です。原料価格の問題で、ほとんどが海外生産したものを輸入販売しており、為替の影響を受けやすい製品です。

司化成工業

日本のストレッチフィルム販売におけるトップメーカーです。
ベトナムを中心に自社工場での生産・輸入を行っているだけでなく、世界6大メーカーの1つでマレーシアに本社を置くSCIENTEX(サイエンテックス)とも共同開発を行っており、安定した品質と生産力、開発技術に高い定評があり日本市場をリードしています。
特に、「ナノシックス(6ミクロンストレッチフィルム)」や「Aテリート(8ミクロンストレッチフィルム)」といった極薄ながら丈夫な破断耐性を持つストレッチフィルムは、いずれも販売開始当時で日本唯一の製品であり、品質を維持しながらの低価格化に成功しています。
ジャンブレを運営する旭産業は、司化成工業と直接取引口座を持つ正規の販売代理店であり、同社の安定した製品を業界トップクラスの低価格で販売しております。

大化工業

日本国内に生産工場を持つストレッチフィルムメーカーで、国内生産ではナンバーワンの生産量を誇ります。
コストの関係で、廉価品や激安商品よりも、高付加価値型の肉厚商品や特殊仕様のストレッチフィルム生産を得意とするメーカーです。

大日製罐

司化成と並んでストレッチフィルムの輸入販売においては代表的なメーカーです。
市場でスタンダードとされる15ミクロンや18ミクロンの厚みに対して、少し薄手の14ミクロン、17ミクロンといった特殊な厚みにすることでコストを抑えた製品開発が特徴です。

積水樹脂

積水グループの一角、積水樹脂もストレッチフィルムを手掛けています。グループの展開力を活かして、ストレッチフィルム包装機も多数のラインアップを展開しており、移動式、簡易式、全自動とタイプも様々。機械巻のストレッチフィルムを資材・機械ともに導入といった一式全てを揃えたい時のお薦めメーカーです。

ジャンブレのストレッチフィルム一覧

ジャンブレで取り扱っているストレッチフィルムを厚み、長さ、幅から一覧でご確認いただけます。左端の項目がリンクになっておりますので、ご興味のある商品をクリックすることで商品コーナーへ移動できます。なお通常販売している製品はすべて手巻式です。機械巻ストレッチフィルムは数量に応じた個別見積となりますので、お問い合わせください。
表示価格は最少数量で買った場合です。まとめ買い時はよりお安くなります(リンク先の商品ページでご確認ください)。

一般的なストレッチフィルムの一覧

透明で紙管が付いた、一般的な長さのストレッチフィルム一覧です。色付きや紙管無しタイプ、ハンディサイズなどの特殊仕様は下にあります。

厚さ(μ) 幅(ミリ) 長さ(m) 入り数(巻) ケース税込み価格
4.8ミクロン(極細紙管) 500 300 12

¥13,365

6ミクロン 500 1,000 6

¥11,185

8ミクロン(廉価版) 500 600 6

¥7,934

8ミクロン 500 600 8

¥7,964

10ミクロン(廉価版) 500 600 6

¥9,781

10ミクロン 500 600 6

¥9,988

12ミクロン(廉価版) 500 500 6

¥8,562

12ミクロン 500 300 6

¥6,020 ~ ¥8,951

12ミクロン 300 500 6

¥6,020 ~ ¥8,951

12ミクロン(ロング) 500 500 6

¥6,020 ~ ¥8,951

15ミクロン(細い紙管) 500 300 8

¥7,986

15ミクロン 500 300 6

¥6,280

15ミクロン 300 500 6

¥6,280

17ミクロン(細い紙管) 500 300 8

¥9,330

17ミクロン 500 300 6

¥7,196

17ミクロン 300 500 6

¥7,196

18ミクロン 500 300 6

¥7,615

18ミクロン 300 500 6

¥7,615

20ミクロン 500 300 6

¥11,162

20ミクロン 300 500 6

¥11,162

25ミクロン 500 300 6

¥12,866

 
特殊ストレッチフィルムの一覧

カラーストレッチフィルム、紙管無しタイプなどの特殊仕様ストレッチフィルムの一覧です。ゴミのまとめや収納品の整理に活躍するハンディタイプは各幅・長さが充実。

仕様 厚さ(μ) 幅(ミリ) 長さ(m) 入り数(巻) ケース税込み価格
カラー赤 20ミクロン 500 300 6

¥6,820 ~ ¥12,540

カラー青 20ミクロン 500 300 6

¥6,820 ~ ¥12,540

カラー黒 20ミクロン 500 300 6

¥6,820 ~ ¥12,540

紙管なし 15ミクロン 500 450 6

¥5,532 ~ ¥10,650

紙管なし 18ミクロン 500 300 6

¥5,532 ~ ¥10,650

ハンドル付250m 17ミクロン 100 250 12

¥5,148 ~ ¥6,314

ハンドル付300m 20ミクロン 50 300 18

¥7,634 ~ ¥20,570

ハンドル付300m 20ミクロン 75 300 18

¥7,634 ~ ¥20,570

ハンドル付300m 20ミクロン 100 300 18

¥7,634 ~ ¥20,570

ハンドル付300m 20ミクロン 150 300 18

¥7,634 ~ ¥20,570

ハンドル無100m 18ミクロン 50 100 36

¥9,900 ~ ¥19,228

ハンドル無100m 18ミクロン 75 100 36

¥9,900 ~ ¥19,228

ハンドル無100m 18ミクロン 100 100 36

¥9,900 ~ ¥19,228

ハンドル無300m 20ミクロン 50 300 72

¥9,900 ~ ¥19,228

 
ストレッチフィルムホルダーの一覧

手巻きのストレッチフィルムは、素手や軍手を紙管の中に差し込んで回転させながらフィルムを引き出しますが、摩擦で手や軍手が痛み、作業効率もよくありません。 そこで使いたいのが紙管の中に差し込んで使うホルダーです。摩擦で指が痛むこともなく、作業スピードもグンとアップします。通常、紙管の両端から差し込むため、2個で1セットになります。

商品名 入り数(個) ケース税込み価格
Excell ハンドセーバー 2

¥1,760

紙管無し用ホルダー 8

¥4,990

ミニ専用ハンドラッパー 1

¥4,588

ストレッチフィルム約30種類を激安価格で通信販売!豊富なラインアップと低価格

ストレッチフィルムの相談窓口ご案内

ストレッチフィルムや物流現場の副資材に関するご相談はジャンブレにお任せください!

ストレッチフィルム、プチプチ、段ボール、PPバンドなどの梱包材・緩衝材をはじめ、パレットやカーゴ、台車などの運搬機器、省力機器、さらに運送業向けの作業服や空調服®といった作業用ユニフォームまで、運送・物流現場で使う副資材のことならぜひご相談ください。

例えば、赤道などの熱帯域を通過する長距離輸送ではストレッチフィルムが劣化しやすいため20ミクロン以上の厚さが安全、欧州向け輸出品を梱包するストレッチフィルムはRoHS報告書が必要、など物流現場・運送業界ならではの条件に対応した製品のご紹介が可能です。
また薄肉ストレッチフィルムの強度が不安なお客様向けに、試用サンプルのご相談も承っております。

チャット、お電話(03-3732-7871)または下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。