台風・豪雨・暴風雨対策 特集 / 電話注文ができる通販ジャンブレ

作業着・事務服・衛生資材・日用品・オフィス用品・作業用商品の総合通販
03-3732-78719:00~17:00(土・日・祝日を除く)
ホーム検索カートTEL03-3732-7871
平日9:00~17:00
キーワード検索

検索

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品ステータスで絞る







販売価格(税抜き)で絞る
 円から
 円まで

台風・豪雨・暴風雨対策 特集 / 電話注文ができる通販ジャンブレ

台風・豪雨対策用品 特集

台風やゲリラ豪雨、線状降水帯による大雨など風水害対策は出来ていますか? 浸水対策・防風の土のう袋やブルーシートは当然ながら、停電時のライト・ランタン、避難用の長靴、そして万一の浸水に備えて貴重な書類・財産を収納する耐水金庫や、事業再開に向けた迅速な復旧を助ける後片付け用品に至るまで、イザというときの台風対策・暴風雨対策用品を集めた特集です。

地域のハザードマップ・防災無線をまず最初に確認しましょう!

台風・豪雨に備える防災用品の用意はもちろん重要ですが、何よりもまず最初に必要なのは、自分たちのいる場所の情報を正しく確認し、認識することです。どこに避難所があり、浸水リスクはどれくらいあるのかといった情報は常日頃から分かるようにしておきましょう。

ハザードマップポータルサイト(※外部サイトへ移動します)
国土交通省が運営するポータルサイトです。洪水、高波、土砂災害などの地域リスクを確認できます。
キキクル(※外部サイトへ移動します)
気象庁公式サイトのコンテンツです。今現在の大雨・洪水警報の危険度分布を確認できます。
防災行政無線の電話・メール配信
災害時に屋外スピーカーで流れる防災放送ですが、強風などの気象条件や、屋内にいて音が遮られるなどで聞き取れないことも少なくありません。地方自治体によっては、無線内容を電話・メールで確認できるのをご存じですか? メール登録や電話番号が分かっていれば情報を正しく確認できます。

暴風対策

強風に飛ばされた物が窓に当たると広範囲に割れた窓ガラスが飛び散り危険です。養生テープやダンボールを内側から貼り付けるなどして補強しましょう。屋外のものが風に飛ばされないようロープやPPバンドで結束・固定しておくことも大切です。暴風域が接近してからの作業は大変危険です。準備は事前に済ませましょう。

浸水対策

浸水対策の止水用品は昔も今も土のう袋とブルーシートが基本です。しかし都市部では土のう袋に入れる土を用意するのが難しい場合も増えております。そんな時は水で膨らむ吸水土のう袋が便利。
ブルーシートは、中に土のう袋やプランター、植木鉢、水のうなどを入れて包み、一つの大きな塊として利用することで出入り口の浸水防止に大きく役立ちます。防水力の高い#3000番手以上のシートを使用しましょう。
洪水の予想される地域では万一の浸水に備えて、耐水金庫を選んでおくと資料や貴重品の収納に安心です。

停電対策

台風や大雨の際は停電被害も多数発生しています。パソコンやサーバにはUPS(無停電電源装置)を用意すると共に、夜間でも慌てない非常灯やランタン、懐中電灯を用意して混乱を避けましょう。蓄光式の避難経路誘導を設置しておくと一層安全です。

避難用品

河川の近くや山の斜面沿いなど危険な立地にオフィス・住居がある場合、早めの避難に勝る防災はありません。また帰宅時間に台風や大雨通過によって従業員が帰宅困難となり、そのままオフィス内に避難を余儀なくされる場合もございます。保存食・保存水や簡易な宿泊用意は社内でも、避難所への移動を行う場合でも求められる防災用品です。

清掃・後片付け(復旧用)

台風・豪雨の通過後は泥土や汚水処理、ごみの処理などの清掃と後片付けが発生します。ゴミの量によってゴミ袋・ガラ袋などを使い分けましょう。吸水ローラーや、汚水を吸い込めるウェットバキュームが便利です。

衛生管理用品

台風や大雨の際は下水道の逆流した汚水や泥の侵入などで、細菌やカビの繁殖、害虫の繁殖によって食中毒や感染症のリスクが高まります。心身も疲労やストレスで免疫力が弱まりますので、マスクの着用、消毒液やウェットティッシュなどでの消毒、悪臭の消臭対策を適切に行い、衛生管理に気を付けましょう。

レインウェア(台風や水害対策用・耐水圧15,000mmH2O以上)

台風や豪雨の際、避難所へ移動するだけであれば一般的なレインウェアでも大丈夫ですが、吹き付ける豪雨の中で作業や誘導のため着用するレインウェアは高い耐水性能が求められます。ここでご紹介するレインウェアは、すべて『耐水圧15,000mmH2O以上』の本格仕様です。
また悪天候で視界が悪くなっていますので、安全ベストのように反射材を取り付け、光の反射で自分の位置を知らせるものがより安心です。

手袋・長靴・ライフジャケットなど安全保護具

水や泥にまみれての移動・作業は大変負担がかかります。また台風通過後は飛来物や氾濫した川からの漂着物、割れたガラスや金属片などが床や路面、泥の中に埋まっており、素手や軍手での作業には大変危険が伴います。耐切創手袋や、耐水性のゴム手袋を着用し、足元も踏み抜き防止板が入った長靴などを用意できると安全性が高まります。河川・湖沼などの側ではライフジャケットも着用しましょう。

 

台風・水害対策と関連性の深いカテゴリー

台風対策・水害対策・豪雨対策と関連性が特に深いカテゴリーの商品全体をご覧いただけます。
 

ジャンブレお客様センター
お電話/FAXによるお問い合わせ
TEL 03-3732-787103-3732-7871
FAX 03-3732-146203-3732-1462
9:00~17:00(土・日・祝日を除く)
メールによるお問い合わせ
info@jamble.co.jp(お問い合わせ専用)
※返信のためドメイン指定受信で「@jamble.co.jp」を許可してください。
チャットによるお問い合わせ
チャット利用ガイド
AM9:00~12:00 PM1:00~5:00(土・日・祝日を除く)
フォームによるお問い合わせ